楽曲詳細

カバーイメージ
価格
1,680円
出版社
カワイ出版
初演
大阪大谷大学合唱団
(指揮:検校千和 ピアノ:石若雅弥)
 
2011年7月3日
Joint Concert2011
〜高みへの挑戦 この地上〜
箕面市立メイプルホール
難易度
初級〜中級
発売日
2011年6月下旬発行予定

曲目

  1. 一人きり
  2. 幸せ
  3. 走る
  4. もどかしい自分
  5. ありがとう

解説

 2009年に女声版として作曲した作品の混声合唱版です。
 テキストは谷川俊太郎さんの詩集「子どもたちの遺言」から使わせていただきました。どれも心が洗われる詩の数々で、「遺言」という一見重苦しそうなタイトルとは裏腹に、子供の誕生から大人に成長するまでの苦悩や葛藤が、12篇の詩により感動的に表現されています。私自身は詩の中に登場する年代と少し違っているのですが、その世代の子どもたちや、そういう子どもを育てていらっしゃる大人の方々には大いに共感いただけるのではないでしょうか。
 さらにこの詩集には写真もたくさん掲載されており、それを見ることでより世界が広がり伝わってきます。合唱作品としてそれらの写真に負けないよう、子どもたちの躍動感や嬉しさ・悲しさ・心の痛みなどをより表現できるように試行錯誤しつつ、演奏しやすいようメロディーを明確に、音域も無理なく和音もシンプルにし、div.も一切使わず作曲しました。
 また女声合唱版と同様に同じ譜面で無伴奏でも伴奏付きでも演奏できる、ように構成しており、また女声版との共演も可能な作りにしております。もちろん曲順も自由に構成していただいて結構ですので、演奏側も聴衆側もこの作品で豊富なバリエーションを楽しんでいただけると幸いです。