石若雅弥
いしわか まさや

公式プロフィール

1981年大阪府出身。京都市立芸術大学作曲専攻卒業。在学中、作曲を松本日之春・前田守一・中村典子、ピアノを服部久美子、声楽を灘井誠の各氏に師事。

これまでに多数の合唱団や演奏家と交流をし委嘱作品を数多く発表するほか、個展(自作曲作品演奏会)を「いずみホール」などで5度開催し、いずれも絶賛を博している。

出版楽譜は20冊以上におよび、各地の合唱団で取り上げられたり、学校で音楽教材として採用されたりしている。代表作に『女声合唱とピアノのための「こころの色」』、『混声合唱組曲「君死にたまふことなかれ」』、懐かしい日本の歌を新たにアレンジした「移りゆく季節」(以上、カワイ出版)、金子みすゞの作品に作曲した「少女のまなざし」(マザーアース出版)、大阪府合唱祭のテーマソング「大阪府合唱祭のうた」などがある。また、CD「こころの色 石若雅弥女声合唱作品集」「春が来た 石若雅弥歌曲作品集」「ひとつの歌にも 石若雅弥混声合唱作品集」(Giovanni Records)など5枚リリースしている。

最近では、劇音楽の音楽担当や、各地の市歌・愛唱歌・校歌などの作曲もてがける。

現在は作曲活動の傍ら、合唱団や弦楽合奏団の指揮、後進に対する多岐の分野での指導、数多くの演奏家とピアノ奏者として演奏会で協演、コンクールの審査員なども務めている。(2012年10月更新)

詳細プロフィール

1981年(昭和56年)4月8日、大阪に生まれる。4歳の頃からピアノを習い始めるが、作曲とは全く無縁の生活を送る。

高校入学後、進路を音楽方面にほぼ決定、2年生の春より和声法を習い始める。それと同時期に、音楽部(合唱部)に入部。当初は伴奏者として入ったのだが、徐々に合唱に没頭していく。

一浪後、京都市立芸術大学作曲専攻に入学。入学早々、地元堺市の晶子短歌賞実行委員会からの委嘱で合唱曲「さようなら」を作曲。これが合唱デビュー作となる。同年夏には、三重県上野市の市歌募集において佳作を受賞。翌年にはアンサンブルダッフォディルからの委嘱で「浅き春に寄せて」を作曲するなど、声楽関係の作品を多く作曲。大学内でも合唱団を作り、自作曲発表を精力的に行う。

経歴

2003年

11月
京都会館第一ホールで催された「ふうりんノンセクションコンサート」にて、オーケストラ編曲と指揮を担当、テレビ出演を果たす。

2004年

5月
与謝野晶子のイベント「晶子フォーラム」の作・編曲・ピアノを担当。(以降、現在まで毎年「晶子フォーラム」の音楽を担当)
9月
「堺市民芸術祭」にて独唱・朗読・ピアノによるコラボレーションにて成功を収める。

2005年

3月
京都市立芸術大学卒業
4月
初めての個展を開催
7月
歌曲作品集「青い空の下で」(マザーアース)を発売。
12月
女声(同声)合唱とピアノのための「少女のまなざし」(マザーアース)を発売。
真声会大阪支部主催「フレッシュコンサート」(ザ・フェニックスホール)に出演。

2006年

1月
大阪狭山市の創作劇「さやま池物語」の音楽、生演奏を担当。
6月
「堺市博物館」でのコンサートに出演。
7月
混声合唱組曲 「歌はどうして作る」(マザーアース)を発売。
11月
堺市民芸術祭でビームムジカアンサンブルの指揮として出演。

2007年

1月
混声合唱組曲 「このみちをゆこうよ」(マザーアース)を発売。
「憲法九条を守る市民の集い」に出演、「君死にたまふことなかれ」初演。
8月
いずみホールにて 2度目の個展を開催。
女声(同声)合唱とピアノのための 「少女のまなざし2」(マザーアース)を発売。
12月
ヤマハ主催「クリスマスコンチェルト」にてオーケストラの指揮を担当。

2008年

2月
初のCD 「こころの色 石若雅弥女声合唱作品集」をリリース
第7回大阪ヴォーカルアンサンブルコンテスト 審査委員
3月
澤地久枝講演会にて音楽を担当
5月
女声合唱とピアノのための 「こころの色」(カワイ出版)を発売。
6月
大阪府合唱連盟の委嘱で「大阪府合唱祭のうた」を作曲・初演
女声合唱組曲「歌はどうして作る」(マザーアース)を発売。
11月
女声合唱のための童謡唱歌編曲集「移りゆく季節」(カワイ出版)を発売。
12月
ヤマハ主催「クリスマスコンチェルト」にてオーケストラの指揮を担当。

2009年

3月
「石若雅弥作品展2009〜ソプラノ田中惠津子とともに」を開催。
5月
2枚目のCD「春が来た 石若雅弥歌曲作品集」をリリース
混声合唱組曲「君死にたまふことなかれ」(カワイ出版)を発売。
6月
大阪府合唱祭にて「合唱編曲講座」講師を務める。
7月
堺市民ミュージカル「炎の街から」音楽担当。
8月
混声合唱のための童謡唱歌編曲集「移りゆく季節」(カワイ出版)を発売。
9月
「石若雅弥作品展2009〜Ensemble Daffodilによる〜」を開催。
混声合唱のための「こころの色」(カワイ出版)を発売。

2010年

2月
「うたの“音”2010」を開催。
3月
女声合唱のための「ありがとう」(カワイ出版)を発売。
アンサンブル エヴォリュエの委嘱により、混声合唱とピアノのための「ひとつの歌にも」初演
5月
女声合唱曲「君死にたまふことなかれ」(カワイ出版)を発売。
6月
3枚目のCD「ひとつの歌にも 石若雅弥混声合唱作品集」をリリース
8月
ミュージカル「葉っぱのフレディ」音楽担当。
10月
混声合唱とピアノのための「ひとつの歌にも」(カワイ出版)を発売。

2011年

1月
女声合唱のための「春が来た」(カワイ出版)を発売。
6月
4枚目のCD「ありがとう 石若雅弥 女声合唱作品集II」をリリース。
7月
大阪大谷大学合唱団の委嘱により、混声合唱のための「ありがとう」初演、楽譜(カワイ出版)発売。
8月
「石若雅弥作品展2011~女声合唱とピアノによる~」を開催。
やさしい女声合唱のための「アニソン・ファンタジー【平成篇】」(カワイ出版)発売。
やさしい混声合唱のための「アニソン・ファンタジー【平成篇】」(カワイ出版)発売。

2012年

1月
「うたの音2012」開催。
やさしい女声合唱のための「アニソン・ファンタジー【昭和篇】」(カワイ出版)発売。
3月
女声合唱とピアノのための「民謡ラプソディ」(カワイ出 版)発売。
兵庫県合唱連盟の委嘱による「きぼうの唄」初演。
6月
創価学会関西男声合唱団の委嘱により、男声合唱とピアノのための「ひとつの歌にも」を初演。楽譜(カワイ出版)発売。
7月
5枚目のCD「アニソン・ファンタジー やさしい女声合唱曲集」リリース。
5大学合唱団委嘱による「若葉のうた」初演。
10月
混声合唱とピアノのための「こだまでしょうか」(カワイ出版)発売。

指揮

  • Shall We Sing? (2004年12月〜)
  • 合唱団ひだまり(2005年3月〜)
  • ビーム・ムジカ・アンサンブル(2005年4月〜2008年12月)
  • ぐみの木(2008年3月〜)
  • コール若葉(2008年3月〜)
  • ラ・クローネ(2008年6月〜)
  • レインボーコーラス(2009年6月〜)
  • ブーケ(2011年1月〜)

その他

  • JEUGIAカルチャーセンター 講師(2008年3月〜)
  • 「炎の街から」合唱団 ピアノ担当(2009年8月〜)
  • 大阪大谷大学合唱団 技術アドバイザー(2011年4月~)
  • Chor.Draft主宰(2012年7月〜)